医薬品を海外から個人輸入【個人輸入ガイド】

食品の輸出入

食品の輸出入

世界中の食品を日本でも利用するようにできました。これには、様々な施設や制度の整備が整っているからにほかなりません。

 

また、医薬品などの個人輸入の制度も進んでいます。近い未来に、世界中の品物が簡単に日本で購入できるようになるでしょう。

 

また、日本の食を世界に輸出するのに欠かせないのが鮮度です。日本では航空収集サービスなども整備されており、物流の面からも税金の面からもサポートを行ってくれる会社が数多くあります。

 

個人輸入などは観世の手続きがわからないために、利用者のハードルを上げている一方、このようの手続きの代行を行ってくれる業者も出てきているのです。

 

輸出を例にとって商品の流れを説明すると、まずは商品を倉庫に持ち込む必要があります。運送会社に手配してもいいし、自身で持ち込むことも可能です。

 

倉庫では商品の検品、ラベルを指定、商品によっては流通しやすいように加工などもしてくれます。その後爆発物や放射性物質などの危険がないかが調べられ、通関にて再度検品されます。

 

その後に飛行機や船に搭載されて世界各国に輸出されていきます。
個人輸入の際にも、この手続きとおおむね逆のことがされます。このように安心安全に世界の国々の商品を輸出入できる制度が整っているのです。