医薬品を海外から個人輸入【個人輸入ガイド】

初めての海外輸出入

初めての海外輸出入

商品の物流が仮想句的に進歩して、海外に商品を輸入することや、自分の商品を海外で販売することがとても簡単になってきました。

 

日本でも海外の医薬品を個人輸入する市場が、ものすごい勢いで大きくなってきています。

 

これは、個人輸入制度が完備され、多と手医薬品であっても、個人使用が目的の場合には輸入が認められるようになったからです。

 

しかし、どのような決まりごとがあるのかはあまり知られていません。ここでは初めての海外輸出や個人輸入についての簡単な決まりを紹介します。

 

まず、自分の商品を海外で販売するためには、販売先をどうしたらいいのか、安全性や補助金などの有無など調べることが山のようにあります。

 

補助金などは、役場などで聞いてみることで大体のことがわかると思います。また、販売する商品が海外で承認されるかどうかは、企画書を持ち込んで、商品をアピールすることが必要です。海外の文化の違いで食肉などはアジア地方には販売しにくい環境があるようです。

 

反対に個人輸入で気を付けなければいけないことは、前述しましたが、個人的に使用することが目的だということです。さらに購入した医薬品は決して譲渡したり転売したりしてはいけません。

 

また、一度に注文できる量が、個人で使用する1か月分までとされています。これは医薬品の副作用による悪影響を最小限に食い止めるために決められていることです。