医薬品を海外から個人輸入【個人輸入ガイド】

医薬品などの輸入

医薬品などの輸入

世界中で需要が高まる日本食材や、国内では海外の医薬品などの需要がとても高まっています。そのために輸入に対する知識を必要とする人が増えてきています。

 

日本食を海外に輸出するのと反対に、海外では日本向けに雑貨や飲食品が海外で開発され続けています。しかし、海外に医薬品は日本では需要がありますが、海外では日本に医薬品はそれほど需要がありません。

 

それは、日本に製薬業界は世界水準で比較するとそれほど進んでいないことが原因です。そのため、多くのED患者が日本国内には存在するのに、その治療薬がほとんど出回っていないのです。

 

国内にいる多くのED患者は、そのために個人輸入を利用する人が増え続けているといわれています。個人輸入で医薬品を購入するのはなんだか脱法ハーブなどが一時蔓延したので、違法なイメージが付きまといがちですが、じつは、きちんと海外で承認されている医薬品についての個人的な輸入は認められているのです。

 

海外で、発掘された日本で売れそうなものは、多くの輸入代行業者が販売しています。個人輸入代行で扱われて医薬品に関して転売は認められていませんので、注文を代行するということになります。

 

もちろん信頼できる輸入手続き代行業者を見つけることが必要です。私はED治療薬の個人輸入の手続きはくすりエクスプレスにお願いしています。

 

個人輸入の手続きの流れ

個人輸入の手続きの流れ

最近では輸入される荷物に火蟻などが入り込み問題となっています。個人輸入に関しても荷物のチェックは今後厳しくなるものだと思われます。

 

どのような手続きがあるのかをここでは紹介してみたいと思います。

 

まず食品などが輸入される際には、動物性や植物性に限らず、免疫による家畜や植物などの害虫の親友を阻止するために、様々な決まりが設けられています。

 

輸出国からの荷物の点検などが、慎重にかつ厳しく執り行われているのです。荷物によっては、梱包と解き、中身をチェックすることもあります。

 

そのほかには、食品の安全に関する基準が満たされているかどうかが調べられます。主に内容物を表記しているラベルを見て判断します。

 

個人輸入の荷物でも、商品の成分などで、輸入禁止に分類されるものがある場合には、発送国に強制的に送り返されることがあり、場合によっては、その送料は発送者持ちとなることを注意してください。

 

表示や商業的基準を満たしているかも手続きには含まれます。これらの検査の基準を満たされたものが、消費者の元へ届けられるのです。

 

私も先日、医薬品を個人輸入しました。その際の成分が、手続きに引っかかったらしく、梱包を解放されて中身の成分をチェックされました。その時には、問題がないことが確認されたようで、無事に荷物は届きまいた。

 

海外からの輸入

海外からの輸入

インターネットの普及が進んできているので、今やネットショッピングは世界中規模のグローバルな取引が可能となってきています。

 

医療品の個人輸入などを始め、海外から様々な商品が日本国内に流通されるようになってきています。

 

また、ED治療薬や海外ブランドのゴルフクラブなど、日本国内では製造されていない商品も、取引が可能となってきています。

 

このようなネットショッピングのシステムを支えるためには、物流システムの整備は必要不可欠なものとなっています。

 

交通至便な土地なら、簡単に商品の輸入も行うことができますが、日本の無い陸地などに関しては、物理的にどうしても時間がかかることが懸念されています。

 

しかし、多くの運送会社は独自のノウハウを活用することによって、業品の在庫管理から出荷伝票の発行、品物の検品や梱包などをスムーズに執り行うことができています。

 

このようなスピーディーな物流システムのおかげで、海外からの個人輸入も手軽に行うことができているのです。

 

個人輸入で人気が上がっているのが、ED治療薬や避妊薬のようです。日本でも処方薬として購入することができるのですが、美容院の診察が必要なために購入にはハードルが高いといわれていましたが、このような物流システムと個人輸入の制度完備のおかげで、簡単に購入できるようになりました。